Y様 44歳。流産4回、4年前には生後7日で赤ちゃんを亡くし、それを乗り越えて無事出産!

2012-06-25
テーマ:ご相談者からの妊娠報告

ちょうど1年程前に、初めてセッションにおいでになったY様より、ご出産のアンケートをいただきました。

Y様は、流産4回、死産1回、早産→その後死亡1回 と、壮絶なご経験をされています。

その後めでたく妊娠されました。が、また壮絶なドラマがありました(^^;)
なので昨年妊娠のご報告をいただいておりましたが、無事にご出産されるまではアンケートは控えておりました。

今ではお子様も生後数週間になりました。

そんな今だから書いてますが、初めてセッションにおいでになった時は、「(こんな経験してない)あなたに何がわかる」っぽい感じだったんですよ(^^)
(Yさん、ばらしちゃった^^ ごめんなさい!でも、Y様のご報告に うるうるしてるからこそ書けてます)

その時の雰囲気では、もう二度といらっしゃらないと思ってましたが(^^;)、その後めでたく体外で妊娠され、子宝サポートを依頼くださいました。

その後順調だったのですが、ある時、またも早産の危機に!

4年前、早産で生後7日で亡くなったお子様の その時がよみがえり・・・

冷たい赤ちゃんを抱いての退院・・・ 相当な悲しみだったと思います。

今回も絶対安静で入院。

お医者様からも、いつ出産してもおかしくない状況だと言われ、
「まだお腹に居て、まだ居て」と、祈るような気持ちで数ヶ月過ごしました。

サポートメールもほぼ毎日やりとりしてまして、
「早希先生!、赤ちゃん、出てきそうです・・・」、「もうダメかも!」、そんなメールに、
「大丈夫。赤ちゃん、産まれてくるパワーがあるから信じて!」
そんな日々が続き、、、

4年前の早産がフラッシュバックする中、Y様は私からの質問に、
一生懸命、ご自分と向き合われ、答えを返してくれました。

要らない思考を見つけては手放していきました。

そしてイメージングしていきました。

「早希先生、私、この子を絶対守ります。まだ、卵が残っているけれど、全部破棄するつもりです。」

そうおっしゃったY様。

私も、ただただ「お腹に居て。元気で産まれてきて」と、祈る毎日でした。

そんなY様のがんばりがあって、病院では「もうダメかも」という雰囲気の中、
(本当に、お医者様までもが諦めモードの中、Y様と赤ちゃんはよくがんばってくれました)

その後、「もう出てきてもなんとか大丈夫」という月数までお腹の中に居てくれ、
無事、元気に産まれてきてくれました。

退院して育児も落ち着いてきた、との事で、アンケートに答えてくださいました。

ご紹介させていただきます。

***

Y様のプロフィール
・東京
・44歳
・妊娠までの経緯

自然妊娠・流産…4回(35歳~43歳)
自然妊娠・出産…2回(37歳、40歳)
体外受精・出産…1回(44歳)

40才のとき女児を出産しましたが早産が原因で生後7日で死亡。
自分の子供のお葬式を出すということは残酷そのものでしかなく、私の人生観がゼロどころかマイナスになるという深い深いトンネルに入ったような苦しい気持ちが今回の妊娠まで4年間続きました。

傍目には、子供がひとり居るだけで充分幸せじゃないかと、そんな風に思われていたと思うのですが、流産とはまた違う新生児を亡くした喪失感は、なかなか自分のことを幸せだと思うことは出来ませんでした。

”私には普通の妊娠出産は出来ないんだ”という思いは益々強くなり、でもどうしても温かい赤ちゃんを抱っこしたいという切実な思いは一層増すばかり。

妊娠年齢のリミットが迫っていたので不妊治療をやめるという決断は出来ず、41才から体外受精にステップアップ。43才までの約2年間に採卵10回位、胚盤胞移植5回を行いました。

Q.妊娠に至った理由があるとしたら何ですか?

不妊治療10年の間に妊娠7回、頑張れば何でもできると信じてきた私にとって、頑張っても結果のでない不妊治療や流産は、頭で理解できず本当に苦しかったです。
これまでを振り返ると、ふっと力が抜けた時に妊娠していたように思います。

Q.妊娠するまでにしてよかったことは?

妊娠するためにいいと言われることは何でもやりました。
(鍼、お灸、整体、プラセンタサプリ、マラソン、夏でも生姜湯を飲んで体を冷やさない等)

また、セッションでそれまで自分を支配していた思い込みや自分自身の心を知ったことはとても大きかったです。

あとは、妊娠に効くという吉方位に毎月旅行をしました。旅行の計画は本当に面倒くさいしお金も掛かるのですが、夫の協力のもと、家族や一人で国内あちこち旅行をして非日常の楽しい時間を過ごしたことが、結果として娘を亡くした悲しみをすこしづつ癒してくれたように思います。

子供は既にいるひとりだけで充分幸せなのかも知れないと、今ある幸せを感じることができたときに、7人目の赤ちゃんがやって来てくれました。

Q.セッションや子宝サポーをを受けてどうでしたか?

私は妊娠回数だけは多いのですが、やっと妊娠できてもまた流産するのではないかという不安が強く、不育症の検査も受けましたが「異常なし」と言われ、もう何をどうしたらよいのか解らなくなっていた43才のときに早希先生のセッションを受けました。

今までの悲しい出来事は私の悲観的な性格が引き起こしていて、私のところに来ようとしている赤ちゃんがいるけれど、私の心が悲しみでいっぱいで赤ちゃんを受け入れる準備が出来ていないから、まず心を癒すことが必要だとその時言われました。

セッションを受けてからは、娘を亡くした悲しみやまた流産したらどうしようという思いが少し軽くなり、赤ちゃんを抱っこしているイメージを持つことができるようになりました。

Q.妊娠して思うこと、他の読者様への励ましのメッセージはありますか?

今回の妊娠は、切迫早産で妊娠中期から出産まで入院生活を余儀なくされました。

妊娠が判明してから先生のサポートを受けていたのですが、入院中の不安な気持ちをメールでずっと支えて頂きました。

いつお産になってもおかしくない状態がずっと続くなかで、どうして私は妊娠=苦労ばかりで普通の出産が出来ないのだろうと何度も思いました。

でも先生とのやり取りの中で、亡くなった娘の思いやお腹の赤ちゃんの頑張りを知り、私の中に不幸な女性の代表みたいな意識があったことを知りました。

長かった入院生活を思うと、これは亡くなった娘と向き合うため、流産の度に無理矢理封印してきた過去の自分の感情をちゃんと消化するための必要な時間だったのだという気がします。

無理して忘れようとした過去の悲しい感情を掘り返し、それを乗り越えるのは辛かったですが、赤ちゃん待ちを卒業された皆さんがよく言われるように、やはりその人にとって必要な経験・時間が課せられるようにそれぞれ人生は仕組まれているのではないかと、いま出産という人生の一大イベントを終えてみて感じます。

結果がいつ出るか解らない不妊治療は精神的にしんどいです。

私が10年不妊治療を続けてきて思うことは、

◎治療が上手くいかない時期でもやけになって身体作りをやめたりせず絶対に赤ちゃんを諦めなかったこと、
◎夫婦で「赤ちゃん待ち」という同じ方向を向いていたこと、
◎かわいい赤ちゃんを抱っこしているイメージを持ち続けたこと、

が良かったのではないかと振り返ってみて思います。

とはいっても、10年間基礎体温をはかり続けた中で、恨みや憤りや諦め等色々な感情の波があったことは事実です。それでも赤ちゃんが欲しいという執念に近いものを持ち続けていました。(というか、諦めきれなかった…)

早希先生との出会いで、願いを叶えるのは全て自分の気持ち次第、叶うんだということを教えて頂きました。

44歳での出産は実際世間では多くないと思いますが、「私が奇跡を起こす!」という強い気持ちを先生のサポートで持ち続けることができました。今までの自分には出来なかったことです。
今度はヒーリングを勉強して毎日の生活に活用してみたいなと、新たな興味も沸いてきましたし、先生本当にありがとうございました。(^.^)

***

Y様、ありがとうございました。

Y様の「絶対、生きた赤ちゃんと退院する!」という強い意思、封印してきた感情と向き合った勇気、そして赤ちゃんの生命力、それらがあって無事誕生となりました。

Y様親子のパワーがあったからこそ、私のサポートとで三位一体となり、奇跡を起こせました。

このブログをお読みの皆さんも ご一緒に赤ちゃんを抱きましょう。

薔薇セッションのご案内&お申込フォーム
  (セッション内容・料金・お申込先)

ご予約状況
セッションのご感想
ご相談者からの妊娠報告
子宝サポートコース(こちらはセッション後のサポートです)
早希のプロフィール

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

流産2回。大好きな仕事を減らし、治療に専念して 妊娠継続しました!

2012-06-10
テーマ:ご相談者からの妊娠報告

子宝サポート中のT様より、妊娠のご報告をいただきました。

T様は、2010年の春に初めてご相談に来られ、あれから2年。。。

T様は、とある分野のエキスパートを育ててるコーチ。とても情熱的にお仕事をされています。

セッションでも、仕事と治療のバランスを観ることが多く、

「仕事はどのくらいの頻度でされてるのですか?」と聞くと、

「毎日です!」 と、当然のごとく おっしゃる方でした。

しかも、早朝 仕事に行って、昼間いったん帰り、夕方から夜にまた行く、というハードさ。

それを365日ずっと、数十年続けられてるんですよ!

「ひぇ~~」って感じですが、T様は顔色ひとつ変えず、

「プロを目指すなら、毎日やって当然でしょ?」 って勢い!

すごいプロ根性の持ち主なのです。

そんなT様ですので、達観されてまして、

初めていらした時は、一度流産されてましたが、深刻ではありませんでした。

セッション後、一度、妊娠するも、また流産し・・・

その後もなかなか妊娠せず、ちょうど1年前より、子宝サポートも開始されました。

しかし、もはや体外受精をしても、かすりもしない時期を体験されまして・・・

セッションにも、「仕事とのバランスをどうしたらよいか?」と、数回おいでになりました。

そしてある時、「先生にはお話しますが、今年妊娠しなければ 子供は諦めるつもりでいます」 と打ち明けられました。

その時、T様の覚悟を感じました。

「この方に子供を抱かせてあげたい」という気にさせられました。
(もちろん常に皆さんにあるんですが、ますます純粋に応援したくなるエネルギーを感じました)

だって、あれ程 流産してもお仕事を完全休業まではしなかったT様が、

なんと、完全休業をされたのです!

(T様のお仕事は、寒い環境と夜遅いのとで、妊娠しても流産しやすい環境だったのです)

T様の覚悟が、治療の先生や私など周りの人の気持ちと、見えないエネルギーを動かしたのでしょう。

この度、陽性反応が出て、その後、子宝サポートでの応援のやりとりもあり、順調に育ち、今4ヶ月です。

「仕事は安定期に入る5か月か6か月で再開し、出産前後はまた、完全休業するつもりです。でも完全休業する時期があるのは、私にとって少しの成長と、自画自賛しております。」

と、メールいただきました(^-^)/

***

T様のプロフィール
・東京
・39歳
・妊娠までの経緯

稽留流産2回 (7週と9週)
その時期の生活と仕事に満足していたので、子供のことは深く考えていませんでした。
不妊という言葉にもピンと来ていませんでしたが、友人の勧めでクリニックに・・・その時すでに36歳でしたが、そこからはあまり休むことなく、治療と仕事を続けてきました。

流産した時も仕事を続けていたので、寂しい感情があまり出てこず、私には子供が向いていないのかと思うことももありました。

Q.妊娠に至った理由があるとしたら何ですか?

仕事も手を抜くことなく体調を崩しながらも、3年間 治療を続けてきましたが、やはり成果が出ず、家族が体調を崩したこともあり、昨年10月くらいから仕事の量をものすごく減らしました。

もともと早希先生のセッションで、仕事が妊娠を妨げていると出ていましたので、ここで思いきって減らしました!

減らしたことで、時間の余裕と、ストレスが減り体調が整っていったのではないかと思います。

Q.妊娠するまでにしてよかったことは?

やはりストレスを減らしたことでしょうか…
自分ではあまり感じていませんでしたが、病院に担ぎ込まれることがあるようでは、元気とは言えませんね。

他は、どんな時期でも針治療や早希先生から教わったサプリメントを休まず続けてきたことでしょうか。
継続は力なりかも、って思いました。

Q.セッションや子宝サポーをを受けてどうでしたか?

初回に自分の性格や生活をズバリ指摘され、的確に解決方法をいただけたので自分の進むべき道が明確にみえました。

心あたりあることばかりでしたから…

数回セッションをしていただきましたが、何度やっても同じ答え!

仕事を新しい体制にするには少し時間がかかりましたが、私にこれしかない!と腹をくくることができました。

Q.妊娠して思うこと、他の読者様への励ましのメッセージはありますか?

メッセージなんて恐れ多いですが、私の考えとしては、良い時も悪い時もその時だけの感情で判断せず、いつもと同じことができるということが大切かなと思います。
文章にするとなんだか、感情のない寂しい人に感じますが、一時の感情でとっさに方向を変え事故にあった人を見ているからです。

私も、失敗がたくさんあり不安もありますが、いつも穏やかに優しくいたいと思っています。

Q.その他、何かありますか?

妊娠できたのは、今回仕事を休んだことが一番大きいと思います。

治療や流産処置など、不妊治療を続けているだけでも仕事関係の方に迷惑をかけていることに気が付きました。

同じ迷惑をかけるのであれば、いい方向に向く形しなければと決心した次第です。

そして、妊娠した時は私以上に皆が喜んでくれ、この世に子供が授かることは、自分だけでなくさまざまな人が嬉しい感情になるんだ、ということを感じ自分のすべきことが見えたような気がします。

***

T様、ありがとうございました!

T様は、もはやライフワークにもなってる彼女のお仕事。

でも、寒い環境でした。

それほど大事なものを、おもいきって手放せたことが、妊娠継続に繫がったのかな、と思います。

やはり”冷え”は妊娠にはよくないなぁ思ったしだいです。

T様は、今のお仕事が彼女の「道」だと思います。

”道”であれば、いったん休んだとしても 必ず開けていきます。

お子さまを授かったことで、さらに幅が広がるように感じています。

色んな妊娠物語があります。

T様の体験も、あなたにとって何かヒントがあると思います。

薔薇セッションのご案内&お申込フォーム
  (セッション内容・料金・お申込先)

ご予約状況
セッションのご感想
ご相談者からの妊娠報告
子宝サポートコース(こちらはセッション後のサポートです)
早希のプロフィール

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

セッション以来、仕事の依頼が増えました!

2012-06-05
テーマ:鑑定のご感想

皆さん こんにちは。 「ベビ待ち期間に願い叶えよう♪」の早希です。

ずっと意識してやってきたこと、あえて書いてみました^^

私、ベビ待ち期間って、「この期間にあなたの願い叶えてね~」って、神様から与えられた時間だと思ってるんです。

そう、「願い」は色々。

セッションしてて伝わってくる皆さんの望みは、↓な感じかなぁ~。

痩せてキレイになる、夫との関係、好きを仕事にする、姑から解放される(笑)、家族のいざこざが解決する、親との関係が良くなる、理想の家に移り住む、ガーデニングや料理など、好きなことして過ごす、趣味を楽しむ、心の友を作る、一流の専門家になる、独立する、、、etc

逆に、これらがストレスになってて、赤ちゃんが宿りづらい体になってることも。

なので、一見関係無いように見える ご相談でも、OKなんですね。

願い実現脳になっていくプロセスで、皆さん ひょっこりと授かってますから^^

ということで今日は、二人目のご相談でいらしたW様のご紹介です。

W様は、最初 「二人目を授かりますか?」といったご相談でしたが、

よくよくお話を伺っていると、お二人目よりも、

お仕事のことで悶々とされてたのです。

上のお子様のご出産がキッカケだったかな?
会社員から、そのスキルを活かして独立されてました。

お仕事のスキルは高いのに、現状が伴っておらず、
それが悶々としてる理由だったようです。

そこで、お話を伺いながら、W様の心のブロックを取り除いていきました。

その後の変化をメールいただいたので、ご紹介させてくださいね。

***

ありがたいことに、早希さんに個人セッションして頂いて以来、
仕事依頼が急に増え、単価も上がってきました!

早希さんのすごいパワーを感じます!!
セッションを受けて、ベビ待ちに限らず、日々の生活にとても
良いものを与えてくれると思いました。

***

単価が上がったのは、私のパワーではなく、W様が本来もってた力なんです!

私は、ちょっとブロックを取り除いただけで、

W様がご自身に、受け取ることを許可されたので、
お仕事の依頼が増え、単価が上がったんですね!

セッション後、「ベビ待ちの相談じゃなくなってすみません」って
おっしゃられてましたが、全然いいんですよ~。

一見関係無いように見えることでも、繫がってますから。

「成幸」の形は人それぞれ。
(成功 じゃなくて 成幸 です^^)

ベビ待ち期間中に、どんどんご自分が描いてる 成幸 を実現していくママが増えたら、
日本の景気も回復してくるんじゃなかろうか(笑) 消費は女性ですからね~^^

それに生まれてくるお子さんもhappyだと思うんですね。

これからも 皆さんの 成幸を 応援していきますね。

皆さんの 成幸 ってどんなイメージですか~?(^^)

薔薇セッションのご案内&お申込フォーム
  (セッション内容・料金・お申込先)

ご予約状況
セッションのご感想
ご相談者からの妊娠報告
子宝サポートコース(こちらはセッション後のサポートです)
早希のプロフィール

  • このエントリーをはてなブックマークに追加